肛門科

当院はジオン治療を行っております

※当院では、診療は全て保険内診療で行っております。

注射で治る治療法

ジオン注射の薬剤と施術患部の図

2005年3月のジオン注射の発売以来、ジオン注射により、メスを使わずに、注射のみで内痔核を治療することが可能になりました。

ジオン注射法は、四段階注射法といって図のように1つの痔の4ヶ所にわけて注射を行い、薬剤を浸透させる方法です。

複数の痔核の場合も同様に行います。

痔核に投与されたジオン注により、炎症が引き起こされ、24時間以内に血液の流れが減少し痔核が縮小します。炎症の腫れが出現する場合もありますが、その腫れも数日で消失します。

そのようにして、内痔核の血流が減少することで、組織が縮小し吸収され消滅していきます

 

術後の痛みの少ない治療法

痛くない粘膜への注射です

痔核には、図のように歯状線下方向にできる外痔核と、歯状線より上方向にできる内痔核があります。

歯状線より上方向は、痛みを感じない部分(粘膜)です。

ジオン注射法は、歯状線より上方向の痛みを伴わない粘膜のみに投与します。

そのために、傷口が痛むということはほとんどありません

 

日帰り可能な治療法

治療の経過の図

 

ジオン注射は、痛みを感じない粘膜の部分に注射を行うことで、その部位の血流は24時間以内に減少します。

そのために、ジオン注射では、「傷口が痛む」「傷口から出血する」といったことは非常に稀です。

更に、翌日には、脱肛の程度も軽くなっています。

そのように疼痛や出血が軽度のために、従来の痔核を切りとる手術方法と異なり入院の必要はありません

ジオン注射と併用で、その他の手術も日帰りが可能:外痔核を伴う痔核 可

内痔核の治療は、ジオンによる注射のみでの日帰り治療が可能となってきました。しかし、外痔核を伴う痔核はジオン注射では治療ができず、以前は、外痔核を伴う手術は、入院が必要でした。

しかし、数年前より、内痔核をジオン注射で治療し、外痔核と一部の内痔核のみメスではがして吸収糸で結ぶ治療を併用することで、日帰りでの加療が可能になりました

 

肛門科とは

肛門科(肛門内科)では、痔核(いぼ痔)裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)、脱肛、
肛門周囲膿瘍等の肛門の病気を扱います。
当院では、肛門疾患の専門施設で、豊富な経験を積んだ医師が対処します。
軟膏による軽い治療から、日帰り手術に至るまで対対処します。
肛門の病気には、大腸など消化器系の病気と密接な関係にあります。
そのために、大腸検査も重要です。
当院では、大腸内視鏡検査をはじめとして、大腸の病気も積極的に取り扱っています。
痛み、かゆみ、出血、残便感等の症状がありましたら、一度御受診下さい。

※当院では、診療は全て保険内診療で行っております。

日帰り痔手術(ジオン)・・・16000円〜
(3割負担の場合)
当院の手術実績件数はこちらをご覧下さい。

痔の種類

痔核(いぼ痔)

痔核(いぼ痔)は「脱肛」ともいわれ、肛門科領域でもっとも多い疾患です。一般に「痔」という場合の大半はこの痔核(いぼ痔)です。痔核は、便秘や力仕事で長時間いきむ習慣のある方や、長時間座る仕事の方に起こりやすい病気です。症状は、初めのうちは、「出血」や「脱肛」で、痛みはありません。症状が進行すると痛みが生じる場合もあります。
軽度の脱出や出血の場合には、軟膏を中心に治療を進めていきます。痔核が進行して、脱出の頻度が高くなったり、指で押し込まないといけなくなるなら、ジオン注射療法の適応となります。更に、ずっと脱肛が続く場合には、以前は、ジオン治療の適応はありませんでした。しかし、現在メスや糸を使う結紮切除術とジオン治療との併用による手術が普及してきており、多くは日帰りでの治療が可能になりました。
長年痔核を放置しておくと、急に大きく腫れて激痛が起こることがあります。この状態をかんとん痔核といいます。原則として、かんとの状態を解除してから、薬で状態を緩和することになります。その後、落ち着いてからジオンや、結紮切除術による手術となります。しかし、状況によっては、緊急手術が必要なこともあります。

いぼ痔

 

肛門周囲膿瘍

肛門の周囲に膿がたまる状態をいいます。多くは、肛門陰窩(こうもんいんか)とう肛門のポケット状の部分から、肛門腺へと細菌が侵入し、膿瘍を形成する病気です。症状は、肛門の痛みで、痛みの部分に強い腫れも伴います。突然の肛門の痛みの場合には、血栓性外痔核、かんとん痔核とともにこの病気のことが非常に多いです。炎症が軽度で、膿を形成していない場合には、抗生物質で改善することもあります。しかし、膿を形成している場合には、メスで切開をして、膿を出すことが必要です。膿を出すことで、痛みは急速に改善します。しかし、それで、終わりではありません。
50%の方は、痔瘻となります。そのために、外来診察での観察が必要です。痔瘻へ移行していると判断した場合には、手術が必要となります。

 

裂肛(切れ痔)

裂肛は、通常「切れ痔」と言われています。便秘時の硬い便や下痢などによって肛門に無理な負担がかかると肛門の一部が切れ、痛みを伴う出血が起こります。軽度であれば、肛門に負担がかからないよう便通を整えた上で、薬(軟膏や内服)とこまめな肛門の洗浄で徐々に良くなることがほとんどです。しかし、症状が現れたまま長期間ほうっておくと、慢性化して、薬では治らなくなってきます。その場合には、手術が必要になることもあります。

切れ痔

 

血栓性外痔核

血栓性外痔核とは、肛門の入り口付近の外痔静脈叢に血マメができる病気です。強くいきんだり、アルコールなどによって、肛門の血液循環に異常をきたすことが原因と考えられています。若年者に多く、若い人が「急に肛門が腫れて痛い」といった場合には、この血栓性外痔核であることがたいへん多いです。 痛みが強くない場合には、ほとんどが軟膏で自然に改善します。しかし、血マメが大きく痛みが強い場合は、血マメを取り除く簡単な処置が必要となることもあります。

 

痔ろう

痔ろうとは、肛門と皮膚の間に膿のトンネルが出来る病気で、痛み・腫れ・膿が出るなどの症状が起こります。?肛門内にはもともと「肛門陰窩(こうもんいんか)」と呼ばれるポケットがありますが、そこに細菌が入って膿がたまることがあります。この膿が大きくなるとポケットは「ろう管」と呼ばれる管状の穴となり、肛門付近の皮膚の外につながってトンネルを作ります。
痔ろうにはいろいろなタイプがありますが、薬では治すことが出来ないため、手術を行う必要があります。
手術は病態によっては、日帰り手術が可能な場合もあります。

あな痔

 

よくある質問

排便時に出血があるのですが、どのような病気が考えられますか?
排便時の出血の場合には、痔核(イボ痔)裂肛(切れ痔)のことがほとんどです。軽い場合には、薬と生活習慣の改善で治りますが、ひどい場合には、手術が必要となることもあります。また、出血の場合には、大腸癌が隠れている場合もあります。一度、専門医にご受診されることをお勧めします。
肛門に痛みがあります。どのような病気が考えられますでしょうか?
肛門に痛みがでる主な病気は、痔核(イボ痔)血栓性外痔核裂肛(切れ痔)肛門周囲膿瘍です。肛門周囲膿瘍の場合には、急激に悪化し、場合により生命に関わることもあります。一度、肛門科を受診されることをお勧めします。
以前から肛門の痛みがあります。どこの病院にいっても何もないと言われますが、夕方や夜に突然いたくなり、30分ほど続きます。何か異常があるはずと思いますが、どのような病気が考えられますでしょうか?
通常、肛門に痛みのある場合には、痔核(イボ痔)血栓性外痔核裂肛(切れ痔)、肛門周囲膿瘍の場合がほとんどです。しかし。それらの病気にあたらない場合には、特発性肛門痛と考えられます。肛門挙筋症候群とも言われ、原因はストレスであることが大半です。肛門の専門家以外には、知られていない病気です。一度、肛門科をご受診されることをお勧めします。
肛門から膿がでます。どのような病気が考えられますでしょうか?
肛門から膿が出る病気は、痔瘻がほとんどです。痔瘻はほっておくと、長年かかって、肛門の筋肉が廃絶し、人工肛門になったり、肛門癌になることがあります。かならず受診の上、手術を受けることが必要です。

このページのトップへ

このページのトップへ

 

お問い合わせ

048-475-9071

【平日】午前9時〜午後6時【土日祝日】午前9時〜午前12時【休診】火曜日

お問い合わせご予約はこちらから

 

クリニックについて

ララガーデン川口クリニック

内科/糖尿病科・生活習慣病科/
胃腸科・肛門科

診療時間
  • 【平日】
    午前9時から午前12時
    午後4時から午後6時
  • 【土曜日】
    午前9時から午前12時
  • 【土曜日】【お知らせ】
    内視鏡検査と手術は予約制です。
    土曜日は平日より混雑しております。
    お早めに ご相談,ご予約下さい。
  • 【休診】
    火曜日(祝日の場合も休診)
アクセス

〒332-0028
埼玉県川口市宮町18-9
ララガーデン川口1階 1150
ララガーデン川口クリニック

TEL:048-475-9071
FAX:048-475-9072

受付イメージ