肛門科

痔の治療

痔の治療

ジオン治療

直接、痔に「ジオン」という特殊な薬剤を注射して、痔を消滅させる治療法が数年前より保険診療にて許可されました。
いままでは、痔の治療は、1週間の入院であり、手術直後は非常に強い痛みを伴うことが普通でした。
しかし、ジオンの出現により痔の治療法が一変しました。そして、7、8割の痔はそのジオン治療で消滅します。もちろん、日帰りでできますので、通常の歯科の治療と同じような感覚で受診していただくことができます。
しかし、注射といいましても、その施行にて一定の熟練が要されます。そのために、大腸肛門病学会では、一定数の手術を経験した医師にのみ、その施行を許されています。

当院では、東海地域では随一の症例数を誇る施設にて徹底的に肛門手術をたたき込まれました。ジオン治療につきましても十分な経験数がございます。平成24年度の実績では、埼玉県でもっとも多くのジオン治療を施行しています。痔にお悩みの方がおられましたら、ご気軽にご相談下さい。

ジオン治療の特徴はこちらをご覧下さい。
当院の手術実績件数はこちらをご覧下さい。

 

その他の手術治療

レイオープン法

痔瘻に対する手術です。痔瘻組織を切開し、痔瘻組織を医療法のヤスリで削りとります。
痔瘻を切開するために、肛門括約筋を傷つけることになります。そのために、肛門括約筋の損傷の影響が少ない、前方向と、後方向の単純痔瘻に限り行われます。
再発率は、3%程度です。

 

痔核結紮切除術

痔瘻に対する手術です。痔瘻組織を切開し、痔瘻組織を医療法のヤスリで削りとります。
痔瘻を切開するために、肛門括約筋を傷つけることになります。そのために、肛門括約筋の損傷の影響が少ない、前方向と、後方向の単純痔瘻に限り行われます。
再発率は、3%程度です。

 

血栓性外痔核切除術

痔核の標準的手術方法です。通常では、入院での治療となります。
しかし、1、2ヶ所である場合には、日帰りで手術を行う場合もあります。また、ゴム結紮法やジオン治療を併用する場合もあります。

 

肛門周囲膿瘍切開排膿術

肛門周囲膿瘍の術式です。
膿瘍の部分のある皮膚をメスで切開し、膿を出していきます。ほとんどの場合には、日帰りでできますが、重篤な膿瘍の場合には、入院が必要となることもあります。

 

よくある質問

手術は、受診してその場で、できるのでしょうか?
当院は、日帰り手術を行っていますが、日帰りで安全に行う以上、診察の上、手術前に採血を行い、手術の計画を立てた上で、日帰り手術を行っています。原則として、受診して、その場での手術は行っておりません。受診の際に、手術の予約をして、その予約日に手術を行うことになります。

このページのトップへ

 

お問い合わせ

048-475-9071

【平日】午前9時〜午後6時【土日祝日】午前9時〜午前12時【休診】火曜日

お問い合わせご予約はこちらから

 

クリニックについて

ララガーデン川口クリニック

内科/糖尿病科・生活習慣病科/
胃腸科・肛門科

診療時間
  • 【平日】
    午前9時から午前12時
    午後4時から午後6時
  • 【土曜日】
    午前9時から午前12時
  • 【土曜日】【お知らせ】
    内視鏡検査と手術は予約制です。
    土曜日は平日より混雑しております。
    お早めに ご相談,ご予約下さい。
  • 【休診】
    火曜日(祝日の場合も休診)
アクセス

〒332-0028
埼玉県川口市宮町18-9
ララガーデン川口1階 1150
ララガーデン川口クリニック

TEL:048-475-9071
FAX:048-475-9072

受付イメージ